【やってみた】有料SEOツール「キーワードスカウター」を使ったら、PVが〇〇〇%アップした

【レビュー】有料SEOツールKeyword Scouter ST(キーワードカウンター)を買ってみた

ちまたに出回っているSEO有料ツールを実際に購入し、当ブログで試してみました。

「ツールの効果」「使い勝手」「購入すると怪しい商材を押し売りされるか」といった点をレビューしていきます。

 

こんな方向けです。
  • そんなツール怪しすぎでしょ 草
  • 興味はあるけど、ちょっと怖い
  • そもそもどんな効果があるの?
  • 有料ツールって毎月いくらぐらいの料金なの?
  • ペナルティーでGoogleからbanされそう

 

2020年5月24日追記:

結果だけ知りたい人は「PV数はまさかの10万超え」をご覧ください。

Googleアナリティクスの全データを公開しました

 

選んだ有料SEOツール

自分でお金を出すからには、絶対にハズレは引きたくない。

金額も含め、私の要件は以下の通りです。

 

こんな有料SEOツールは嫌だ
  • 1万円以上する
  • 毎月課金されて、なかなか契約解除できない
  • Googleからペナルティーを受ける可能性がある
  • 日本語対応と書いているのに、機械翻訳された日本語マニュアルしかない
  • 英語の海外アプリ(日本語対応無し)

 

調べたところ、私の要望にあう有料ツールでキーワードスカウターSTというものを見つけました。

価格は5,478円。買い切りのアプリなので、月額料金はありません。追加で課金する必要もなし。

ちなみにWindows版です。

Macユーザー向けには同じ会社がCOMPASSという名前で販売しています。

PCに入れて、データの解析をしてくれるだけなので、検索エンジンからのペナルティー発生の可能性なし。

日本の会社が開発したツールで、日本語のみ。

5千円ぐらいなら試す価値はありそう。

 

販売サイト キーワードスカウターST(Windows用)

販売サイト COMPASS(MAC用)

 

このサイト怪しくね?

これ公式サイトなの?と疑ってしまう怪しいサイトでした。
怪しさをごまかす意図なのか? 背景は海中の画像を設置し、爽やかさで中和しようとしているようです。

しばらくサイトを放置していると「無料プレゼント」と断りもなく広告が表示されます。

SEOツール

 

無料」ほど怖いセールスコピーはありません。

猜疑心を抱き、広告を閉じてページを確認するとお客様の声が掲載されていました。

購入者を装い、販売業者に雇われたプロのライターの出番だと思いました。

訴求力のある文章で、私のような実力のない情報弱者ブロガーに商品を購入させる気です。

おおおおすげー

 

↑サイトにあるお客様の声の画像です。

「おーーーーーっ!」

「すげーーーーーーっ!」

 

これを書いたライターと採用した販売会社は、ツールを売るつもりはあるんでしょうか?

 

ちょっと怪しげなサイトでしたが、ぺージをスクロールすると、たまに出てくる「黄色ボタン」からカートに移動します。

購入画面はいたってシンプル。

 

スキャンツール

 

支払いはクレジットカードが使えます。

購入すると登録したメールアドレス宛に、アプリのダウンロードリンクやマニュアルが付いています。

アプリの有効化にはシリアルキーが必要です。

以外としっかりして驚きました。

 

Keyword Scouter STどんなツールなの?

このアプリのコンセプトは、「競合を避ける」という点です。

このツールを使ったザックリとした流れです。

 

ブログを書く前にツールを起動
  • ①キーワードを選定
  • ②競合している記事数がデータで表示
    →競合数が多い: 別のキーワードを選ぼう
    →競合が少ない: これで行こう!
    ③実際に記事を書く(このお手伝いはしてれくません)

結果:競合がいないので、記事が検索上位に表示される。

 

記事を書いても同じキーワードをターゲットにしている記事が多数ある場合、検索トップには表示されません。

その結果、PVが稼げないという結果になります。

他の記事と重複しないことが重要です。

Keyword Scouterは、ターゲットにしたいキーワードの提案、競合がどれだけいるのかをデータで示してくれます。

 

実際の画面を紹介します。

まずは、ツールにタイトルに盛り込む可能性のあるキーワードを入力します。

使ってみた

 

準備が出来たらスキャンを開始します。

アプリがGoogleのデータを引っ張ってきます(ネットがないと使えないアプリです)。

 

今回の例では、サッカーの情報を発信しているブログと仮定して説明していきます。

赤枠の数字が、競合する記事数です。

一番上の「サッカー」をタイトルに入れている記事が11,100,000件あります。

rival

 

 

「サッカー フランス代表」をタイトルに入れている記事数は7,750件。競合が多すぎますね↓。

このキーワードで初心者がブログ記事を書いても、検索エンジンの上位に表示されることはありません。

どんだけ時間を使って記事を書いてもPVを稼ぐなんて無理です。

france

 

 

注目は「サッカー 6番 有名選手」です。

世界中のインターネット記事でたった2記事しか、このキーワードをタイトルに入れて記事を書いていません。

 

6th

 

サッカーといえば、エースの背番号は10。メッシ、ジーコ、マラドーナ、ペレ、みんな10番ですもんね。9番とか、11番、7番なんかの背番号も点を取るタイプの選手が多いので人気です。でも6番は、、、。

 

「サッカー 6番 有名選手」をタイトルに入れて記事を書けば、検索エンジンの上位に表示される?

そう思いますよね?

 

 

そう。その通りなんです。

 

実は、3日前に「サッカー 6番 有名選手」をタイトルに記事を書いてるんですよ(5月21日)!

ざっくり4千万件もある記事数で投稿後わずか10時間で1ページ目のトップ5入りしました。

サッカー 6番 有名選手

 

【サッカー】海外で背番号6番の有名選手といえば?

 

ちなみに「海外 6番 有名選手」だと、記事が検索結果の先頭(一番)に表示されてます!

しかもなんかイラストとか、枠とかついてる!

一番上!

 

 

記事数が少ないから検索の上位に表示されるのではなく、記事数が約6千万あっても先頭に表示されています。

繰り返します。一番上です。ナンバーワンです。

 

 

このブログではサッカーのことを書いたことがありません。

グーグルが、「このブログはサッカー専門情報を発信しているから、ちょっと上にあげてやるか」と手心を加えてくれることはありません。

記事1本の力で検索結果の一番上に表示されました。

このブログは現在、ドメインランク0.0です。それでもこの効果が出るって凄いと認めざるをえません。

ドメインパワー

 

Keyword Scouterを使うと?

特定のキーワードを含むタイトルの記事(競合)の数を、記事を書く前に調査できる。

  1. 競合が多い:別のキーワード狙いに変更できる(無駄記事を作らず時間の節約)
  2. 競合が少ない:記事を投稿(検索結果の上位に表示→PV稼げる)

 

「そもそもどんなキーワードを候補にするかわからない」そんな人にはこちらの記事がおススメです。

3つのツールを使った、タイトルに入れるべきキーワードの選び方【初心者向け】

 

 

【結果発表】Keyword Scouter STを1か月試したみた

検証期間は長いほうが正確性が高くなります。今回は、じっくり1か月使ってみました。

強いメディアでブログを始めても、ツールの効果は測定できません。

ドメインパワーは0.0、つまり最低です。

ドメインパワー

 

ごんたのカメラブログで検証を行いました。ライターは私一人です。

スタートの時点では、当然ながらブログどころかWordPressのテーマ自体も設定していない状態です。

検証した方法は「Keyword Scouter STを使い、競合の少ないキーワードでひたすらブログを書く」

これだけです。

 

測定期間と検証環境
  • 検証期間:2020年4月22日~5月22日
  • 計測ツール:Googleアナリティクス
  • ブログ開始時のデータ:ブログ記事なし。ドメインパワー無し

 

この記事を投稿した今日(2020年5月23日でもドメインパワーは0.0でした)

 

 

PV数はまさかの10万超え

10万pv超え

キーワードスカウターST導入後の30日で、ページビューはなんと10万を超えました。107,380PVです。

計測期間はたった30日です。

記事ゼロ、ドメインパワー無しの状態で開始したブログですよ。正直ヤバい数字です。

データを見る限り、なめらかにPVが伸びている様子が確認できます。

どこかで急にバズって、そこから伸びているわけではありません。

 

 

Organic Searchが83%。つまり検索エンジンから普通に人が来てる

集客サマリー

流入が最も多いのが「Organic Search」、つまり検索エンジンで検索してこのブログに来た人です。

競合を避けたキーワードを選んで、検索エンジンの上位に表示されているのが理由だとわかります。

 

SNSでリンクが拡散されて、みんながクリックしてくれてたわけではありません。

ちなみにSNSにあたる「Social」は以下の通りです。

アクセス数:153(全体の0.6%)。

私ツイッターをやってますが、ほとんど効果でてないんですね。どんだけ人気がないんでしょう。

 

 

集客サマリー(参照元/メディア)

参照元メディア

Googleが圧倒的ですね。

ちなに2番目の「direct /none」は内部リンクです。ブログに来た人が、別の記事に移動した数字です。

 

アクセスしてきた地域

地域別

 

横浜、大阪、新宿、名古屋、札幌など色んな地域から来てますね。

 

実はライターが凄いんじゃないか説?

ブログのPVが伸びた理由は「有料ツールではなくライターの力じゃないの?」と思ってくれた人。

本当に感謝です。

実はツールを使ってPVが伸びはじめた際、「これ、俺の才能じゃね?」と思いツールを使うのをやめて記事を書いたことがあります。

その成果も恥ずかしながら公表します(App Storeの記事です)↓

pv11しかない

PV数がったの11です。
1日、1PVも稼げてません。

 

問題の記事を書いた5月12日の前日に、iPhoneユーザーにはお馴染みのiOS13.5がリリースされました。きっと需要がある!と思い込んで記事を書いたのですが、さっぱりでした。

検索上位の記事をチェックし、それほどコンテンツも充実しているようには見えませんでした。あまり書くことがなかったので、なんとか海外のサイトを参考に3,000文字のブログ記事を投稿しました。

「きっとペナルティーで全記事の評価が落ちたんだ!」と、責任を認めないつもりでしたが、その他の記事は検索結果の上位を独占していました。

英語を読んだりしながら結構がんばったんですが、これが私の本来の力なのです。

ちなみにその前日に書いた記事は1万PVを稼いでいます。もちろん、ツール殿のおかげです。

 

ライターの実力
  • 全力で書いた記事: 11pv
  • ツールで競合を避けた記事:12,219pv

 

Googleからのペナルティーは?

ありません。

SEOツールといっても、Keyword Scouter STはPCに入れるアプリタイプです。

怪しいリンクを外部のサイトに生成するような被リンク作成型のサービスではありません。

記事を書く前に、「このキーワードは誰も使ってないよ!」と教えてくれるだけです。このアプリを使ってPV数を荒稼ぎしてもペナルティーになる可能性はゼロです。

 

利用してみた感想

「おーーーーーっ!」「すげーーーーーーっ!」

これに限ります。

今回、記事ゼロ・ドメイン力が最低の状態でスタートしましたが1か月未満で10万PVに到達しました。

アドセンス広告貼っていたら数万円になったなーと後悔しました。

使い手のスキル次第で、とんでもない結果がすぐ出ることが分かりました。

私ぐらいの入門者レベルで10万PVです。ある程度ブログに慣れている人ならこの2倍~3倍は余裕でしょうね。

なぜならKeyword Scouter STは「タイトルにキーワードを入れる」という事を理解しているリテラシーの高い人向けのアプリだからです。

 

このツールでPVが爆発するブロガー
  • ブログのタイトルの重要性を理解している、リテラシーの高いブロガー

 

 

逆に以下のようなブロガーには不向きなツールです。

このツールとは相性が悪いブロガー
  • タイトルにキーワードを入れる意味を理解していない人
  • 検索エンジンの上位にサイトが表示されるとPVが伸びる仕組み理解できない人
  • 記事を量産すればOKと思っている人
  • 記事を書くつもりがない人

 

ツールの使い方は別記事にまとめました。

【画像付き】キーワードスカウターST、コンパスとは?使い方・価格を解説します

 

まとめ

有料SEOツールキーワードスカウターSTについての記事でした。
もっと派手なツールかと思いきや、結構地味なツールという印象。ただし、効果は破壊的。

私はサラリーマンをしているブロガーです。

ブログにそれほど時間をかけることが出来ないので、今回のようなツールを試してみました。ライティング技術が相当ないにも関わらず、ブログ開設した日から29日間で10万PVを超えるアクセスを集めることができました。

情報を知っているだけで、こんな違いがあるんですね。

有料ツールを買うのは、正直怖かったですが、買って本当に良かったです。

アドセンスには合格していませんが、別の広告を試し中です。既に1万円を超える売り上げがあったので、ツールの料金は1か月で回収できたことになります。

ちなみに今回紹介したのはWindows版です。Macには対応していません。Mac用はCOMPASSという商材です。

販売サイト キーワードスカウターST(Windows用)

販売サイト COMPASS(MAC用)

 

 

ツールの使い方は別記事にまとめました。

【画像付き】キーワードスカウターST、コンパスとは?使い方・価格を解説します