iPhone・iPadの写真が消せない!非表示アルバムと画像の消し方

iPhone・iPadの写真が消えない!・非表示フォルダと画像の消し方
  • iPhone (iPad)の写真が消せない
  • 画像、動画に「削除」メニューが表示されない
  • 非表示アルバムって何?消せないの?

 

不要になった画像データをスマホから削除したいのに、削除できないと困りますよね?

そもそも「削除」すら表示されないことがあります。

 

そんな場合の解決方法を紹介します。

 

 

事象:iPhone、iPadの写真と非表示アルバムが消せない(削除ボタンが表示されない)

スマホやタブレット端末のカメラロール内に「非表示フォルダ」が存在する。

 

スマホの非表示フォルダ

 

この中のある画像・動画を削除できない。

消したい画像・動画を選択しても「削除」ボタンが一切表示されない(↓「複製」した表示されない)。

 

非表示アルバムに削除がない

 

画像の元となっているフォルダにも、「削除」ボタンがないので、フォルダごとまとめて消すことができない。

その結果、消せない画像がたくさん保存されてしまいスマホの保存領域が少なくなくなる!

 

今回はこの問題を解決する手順を紹介します。

作業には無料アプリのiTunes(アイ・チューンズ)を利用します。

 

スマホの画像を消す手順(事前準備編)

スマホ・タブレットの非表示アルバム内の画像を消すには、iTunesアプリとPCが必須です。

PCはWindowsでもMACでも構いません。

 

iTunesをPCにインストールしょう

iTunesアプリは無料アプリです。
以下公式サイトからダウンロードし、PCにインストールしましょう。

 

 

Windows用iTunesは公式サイトの中央にある黒いアイコン「Get it from Microsoft」からインストーラーをダウンロードし、PC上にインストールしましょう。

 

iTunesの必要システム要件
  • Windows 10 バージョン 16299.0 以降
  • アーキテクチャ x64、 x86

 

 

iPhone・iPadデータのバックアップ

事前準備の一環作業として、iTunesを使い、スマホ(またはタブレット端末の)のバックアップを取得しましょう。

 

ザックリした作業の流れ
  1. スマホとPCを接続
  2. iTunesを起動
  3. バックアップ

 

iTunes上でスマホのアイコンを選択し、左手に表示される「概要」を選択します。

画面が切り替わったら、バックアップの項目を確認し、「今すぐバックアップ」を選択、「同期」を選択しましょう。

 

バックアップ

 

 

バックアップ中はPCとスマホの接続が切れないよう注意しましょう。

うっかりケーブルが抜けたりすると、不具合が発生する可能性があります。

 

 

バックアップにかかる時間は?

バックアップ対象ファイルのサイズにより、かかる時間が異なります。

バックアップの最中は、歯車のマークがグルグルと回り「バックアップ中」と表示されます。

バックアップ中

 

バックアップ完了しても、「完了した」といった表示はされません。

歯車が消え、エラーが表示されていなければバックアップ作業は完了です。

次のステップへ進みましょう。

 

 

スマホ内の非表示アルバム内画像・動画ファイルの削除作業

バックアップを取得したら、いざiPhone、iPad内の非表示アルバム内画像を削除していきます。

 

ザックリした作業の流れ
  1. iTunesとPCを接続
  2. フォルダを作成
  3. 非表示の画像・アルバムを削除

 

①iTunesとPCを接続

お使いのPC上でiTunesを起動してください。

iTunesアプリを起動後、iPhone(またはiPad)をライトニングケーブルで接続してください。

iTunesが接続した機器を認識できればこのステップは完了です。

 

②フォルダを作成

iTunesアプリの左手メニューから「写真」を選択します。

「写真と同期」にチェックを入れます。

デスクトップ上に、適当な名前のフォルダを作成します。名前は何でもOKです。

今回は newfolder としました。

iTunes上で写真のコピー元に「newfolder」(先ほど作成した新規フォルダ)を選択します。

newfolderは新規フォルダです。中身は空(から)で問題ありません。

 

「すべてフォルダ」にチェックを入れます。

「ビデオを含める」にチェックを入れます。

下記画像のような設定になっていればOKです。

 

非表示アルバムを削除

 

 

 

③非表示の画像・アルバムを削除

次の作業をすると、非表示アルバム内の画像が全て消えます。

繰り返しになりますが、バックアップを必ず取得しましょう。

非表示アルバムの画像を消す準備が出来たら、「同期」をクリックしましょう。

 

同期をクリック後、削除作業が開始されます。データの容量により、作業時間が異なります。

数秒~数分待ちましょう。

エラーが表示されなければOKです。

スマホ、タブレット内の非表示アルバムを確認しましょう。

 

 

非表示アルバムって何?なぜ作成されるの?

iPhone、iPad内に生成される非表示アルバムについてです。

スマホ以外の端末で撮影した写真をスマホにアップロードすると、非表示アルバムとして登録されます。

このアルバム内に保存された動画・画像ファイルはスマホ、タブレット端末上の操作で削除することが出来ません。

 

非表示アルバムが生成されるケース

一眼レフなどの一眼レフカメラで撮影した画像などを同期した場合。

 

RICOH THETA(リコー シータ)や360度カメラをスマホアプリで撮影した場合は?

以下のような撮影をした場合は非表示フォルダは作成されません。

 

非表示フォルダが作成されないケース
  1. スマホに管理アプリインストール
  2. スマホ以外の機器(THETA、GoPro、Insta360)を接続
  3. 管理アプリを使いスマホから撮影
  4. スマホ内にデータを同期

 

スマホやタブレット内に保存したデータは、スマホで撮影したデータと同等の扱いとなります。

カメラロールから、一般の画像同様に削除することが可能です。

 

 

【備考】バックアップからデータを復元する手順

操作ミスなどで、本来消すべきでない大事なデータをスマホから削除してしまった場合は、落ち着いてバックアップデータからデータを復元しましょう。

 

データ復元手順
  1. PCとスマホを物理的に接続
  2. iTunesを起動
  3. 概要をクリックし、「バックアップを復元」を選択

 

バックアップを復元する

 

 

バックアップさえ事前に作成していれば、データは簡単に復元できます。

うっかり大事なデータが消えてパニックになるのは普通のことです。落ち着いてバックアップデータの復元作業を行いましょう。

 

 

まとめ

iPhone、iPad内の削除できない非表示フォルダ内の画像を削除する方法を紹介しました。

一眼レフカメラなど、スマホ以外で撮影した画像をスマホ内に保存すると今回のような非表示のフォルダさが作成されてしまいます。

容量の小さいスマホを使っている場合は、他のカメラで撮影した画像を大量にスマホに移動しないなど注意しましょう。

 

今回検証した環境
  • スマホ:iPhone 7
  • iOS:13.6 (最新バージョン)
  • iTunes:12.10.7.3(最新バージョン)