未経験でもOKなネットワークエンジニアへの転職。派遣業なら経験が積みやすいのでお勧めです。

未経験でもOKなネットワークエンジニアへの転職。派遣業なら経験が積みやすいのでお勧めです。
  • IT業界に転職したいなー
  • 未経験なんだけど、ネットワークエンジニアに転職できるかな
  • とりあえず経験を積みたい

 

そんな方向けの記事です。

私は異業種からネットワークエンジニアとしてIT業界に転職しました。

実際の経験談をもとに、未経験でもネットワークエンジニアとして転職しステップアップする方法を紹介します。

 

未経験でもOKなネットワークエンジニアへの転職

 

未経験でもOKなネットワークエンジニアへの転職

IT業界に憧れてるけど、未経験からの転職には勇気がいる。

本当に転職できるか心配だ!

そんな人におススメなのが、未経験者でもできる入門的な仕事からIT業界に転職する方法です。

 

ずばり、人材派遣サービスを使う方法です。

くわしく解説していきます。

 

人材派遣会社には未経験者でもOKのネットワークエンジニア求人が結構ある

派遣には未経験でもOKな求人が結構あります。

ネットワークエンジニアも例外ではありません。

ネットワークエンジニアは守備範囲が広い業種です。

ネットワークエンジニアの業務一例
  • ネットワークのモニタリング(監視)
  • ケーブルや電源周りなど物理的な配線系の仕事
  • ルーターやネットワークスイッチの設定
  • LANの設計と設定
  • サーバーの設定
  • 社内SE的ななんでも屋

 

未経験で異業種から転職する場合でもネットワークのモニタリング(監視)といった仕事もあります。

この監視業務はかなり定番で、未経験のネットワークエンジニアが最初につく仕事です。

 

モニタリング業務って何だ?

ネットワークや、サーバーを監視する業務の一種です。

障害が発生するとエラーがなるので、指示書を見て簡単な障害切り分けをして担当者に連絡するといった仕事です。

ネットワークのモニタリングは24時間必要な業務です。
その為、夜間も含むシフト業務です。

ネットワークの知識を使う業務というより、マニュアルを理解し必要な操作を行うレベルです。

 

派遣以外でもIT未経験でエージェントしてくれる会社もある

面談

 

IT業界未経験で、これからエンジニアになりたい人向けのサービスを提供している会社も探せば見つかります。

ネットワークエンジニアや、その他の案件をもっている会社だとリクナビNextIT専門転職エージェント@PRO人なんかです。

IT未経験の場合、業務内容や給料などを一度専門家に聞いてみるとスッキリします。

 

 

 

 

異業種からの転職ならまずは派遣で経験を積んでみる

 

異業種からの転職ならまずは派遣で経験を積んでみる

 

新卒でもない限り、未経験者でまったく知識のない人がエンジニア採用されることはありません。

派遣でもなんでも、まずは業界に転職する機会を得て、ステップアップを目指しましょう。

 

未経験者なら資格だけでも取っておくべき

「資格があればOK」ということはありませんが、資格を持っているだけでアドバンテージになります。

正社員、派遣採用とわず、まったく知識のなさそうな人は採用されません。

資格を持っていることで、基礎知識がある程度あると判断してもらえます。

 

 

ネットワークエンジニア向けの資格

ネットワーク系のインフラエンジニアへの転職を目指すなら以下の資格がおススメです。

ネットワークエンジニア向けの資格
  • CCNA(Cisco Certified Network Associate)
  • MCP(Microsoft Certification Program)

 

これらの資格はベンダー資格と呼ばれています。

ベンダー資格とは、国家資格ではなく各企業が作っている資格です。

 

 

CCNAって何?どんな資格なの?

CCNAは、ルーター等のネットワーク機器のメーカー「シスコシステムズ合同会社」の資格です。

シスコシステムズ合同会社への転職が目的でなくても、CCNAを持っているとネットワーク系の知識が多少あると判断されます。

ちなみにシスコシステムズ合同会社はあまり日本では馴染みがないかもしれませんが、ネットワーク機器メーカーでは世界最大級の会社です。東京オリンピックの公式スポンサーにもなっていました。

 

MCPって何?どんな資格?

MCPはマイクロソフト社の資格です。

マイクロソフト社製品のWindowsサーバー、Windowクライアントの基礎知識があることをPRできます。

 

 

資格取得の勉強方法は?

資格の勉強方法

 

CCNAやMCPの専門書で自己学習についてです。

資格取得のための勉強方法
  • スクール
  • 自己学習

 

資格取得のスクール

CCNAやMCPの資格取得をサポートしてくれるスクールはそれほど多くはありません。

ある程度基礎知識がないと、授業についていくのも大変です。

平日仕事をしている人にとっては通学が困難な場合もありますので、スクールでしっかり学びたい人はカリキュラムと日程を十分確認しましょう。

 

ネットワークの基礎知識や、資格取得のための勉強であれば、本やネットを使った自己学習でも十分合格可能です。

 

CCNA資格向けの専門書を使った自己学習

CCNAはネットワークエンジニア向けの資格としてかなりメジャーです。そのため試験向けの教材が揃っています。

 

 

 

1年しっかり経験を積む

1年しっかり経験を積む

 

ネットワークエンジニアとしてキャリをスタートしたらまずは1年間を無駄にしないよう次のステップに向けて努力していきましょう。

やるべきこと
  1. 未経験者の最初の1年は修行期間
  2. 次の転職に備えて、業務外に勉強
  3. 1年での転職を考えて資格はとりまくれ

 

多少資格の勉強をしても、未経験者が出来る仕事はそれほど多くはありません。

仕事を通じて経験値を得ることができればラッキーな職場です。

そうでない場合がほとんどだと覚悟し、業務以外の時間にしっかりと勉強しましょう。

 

インフラ系のエンジニアなら、目標にする資格はたくさんあります。

上位の資格
  • CCNP(CCNAの上位資格)
  • MCSA(MCPの上位資格)

1年経過したタイミングで転職する場合、資格よりも何を経験してきたかという業務内容が重要になってきます。

未経験者で最初の1年でバリバリ仕事が出来て、転職時にPRできる業務経験を積むことは困難です。

それでもIT業界で1年を過ごせば、立派な経験者です。

 

 

まとめ

未経験からIT業界に転職する方法についての記事でした。

It業界には色んな仕事があります。

ネットワークエンジニアに興味がある場合、なにかしらのベンダー資格を取得すると派遣などエンジニアとしてキャリアをスタートすることが割と容易です。